現地時間6月23日に行なわれたスペイン2部の第35節で、柴崎岳を擁する19位のデポルティボが5位のエルチェと敵地で対戦した。

 過密スケジュールもあり、前節のラージョ・バジェカーノ戦は出番がなかった柴崎は、5-3-2のインサイドハーフで先発。ダブルボランチの一角で出場した時に比べ、前線に絡む機会が多く、序盤から積極的なプレーを披露していた。

 しかし、スコアレスで迎えた32分、敵MFホサンへのタックルが遅れ、足にチャージしてしまう。ファウルを取られた柴崎には、レッドカードが提示された。

 イエローカード2枚でプロキャリア初の退場を喫した2月23日のサラゴサ戦(第29節)以来、今シーズン2度目のレッドカード。一発退場は初めての経験となった。

 冷静なプレーが持ち味でもある日本代表MFのまさかの退場劇に、デポルティボの公式ツイッターには、「ガク、何してる!」「愚かな…」「このタックルは遅れてる」「最悪だ」といった嘆きの声が寄せられた。

 だが、10人となったデポルティボがここから粘りを見せる。攻勢を強める敵の攻撃を凌ぐと、65分に途中出場のウーゴ・バジェホが、値千金のヘッド弾を叩き込んだのだ。

 78分にエルチェも退場者を出したこともあり、このまま1-0でデポルティボが勝利。チームが8試合ぶりの白星を飾ったのが、柴崎にとっては幸いだった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部