<ロッテ6-5オリックス>◇23日◇ZOZOマリン

白星こそつかなかったものの、ロッテ二木康太投手(24)が今季に期待を抱かせる投球を繰り広げた。

初回、オリックスの1番T-岡田をいきなり3球三振。初球はフォークで入り、空振りに。直球を大ファウルにされた後の3球目。臆せずに外角いっぱいに直球を決め、見逃し三振で滑り出した。

「試合の入りはすごく良くて、序盤は良い投球ができました」。直球もフォークも低めに決まり、4回までは打者12人に1人の走者も許さない。5回に先頭ジョーンズにソロを浴びるも、5回1失点。まだ試合開始から1時間もたっていなかった。

6回2死、フルカウントからT-岡田に四球を出した。「あの四球から始まったので、詰まった安打もありましたが、あの四球かなと思います」。不運も重なり、この回3失点。勝利投手の権利は失ったが、井口監督も「二木がしっかり投げてくれた」と、大事な本拠地開幕戦での投球を高く評価していた。【金子真仁】