「巨人3-2広島」(23日、東京ドーム)

 巨人が開幕4連勝。高卒2年目の先発・戸郷が七回途中2失点の好投で今季初勝利を飾った。

 立ち上がりから安定感があった。先頭ピレラを150キロ超の外角直球2球で簡単に追い込むと、2-2からスライダーで空振り三振。後続も仕留め、三者凡退でスタートした。

 デイリースポーツ評論家・関本四十四氏は「ピレラに対する初球、2球目で今日はいけると思った。指にかかったストレートをしっかりコーナーに投げられ、球を操れていた。戸郷の悪い時は一塁側に体が倒れたり、直球が抜けたり。球がばらけることもほとんどなく、安定していた」と振り返った。

 六回には三者連続三振を奪うなど、計7奪三振。関本氏は「あの大きな体から、スリークオーター気味に腕が遅れるように出てきて、打者にとってはタイミングがつかみにくい。本人も広島相手に好投したことで、自信がついたと思う」とした。

 3年ぶりの開幕4連勝。菅野、田口、サンチェスに続き、戸郷もしっかり先発の役割を果たした。