6月23日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテとオリックスの第1回戦は、6対5で千葉ロッテが勝利。1点を追う9回裏に打線がつながり、本拠地開幕戦をサヨナラ勝利で飾った。

 千葉ロッテは初回、今季初出場となった清田育宏選手が先制の1号2ランを放つと、続く4番・レアード選手も2号ソロを放ち、3点を先取。援護を受けた先発の二木康太投手も4回まで4イニング連続3者凡退の好投で打線の援護に応える。

 しかし5回表にオリックスの4番・ジョーンズ選手に来日第1号ソロを浴びると、続く6回表には吉田正尚選手の適時打で1点を返されたところで降板。後を託された東條大樹投手も中川圭太選手に2点適時打を浴びるなど、踏ん張ることができず。3対4と試合をひっくり返された。

 6回裏に中村奨吾選手の1号ソロで同点に追い付くも、8回表にジャクソン投手が野選の間に1点を失い、再び1点差に。9回表は田中靖洋投手が危なげなく抑えると、9回裏に打線が奮起した。

 9回裏、先頭のマーティン選手が中安打で出塁、代走に岡大海選手が起用されると、盗塁と進塁打で3塁に。一打同点の場面で打席に立った井上晴哉選手が初球を打ち返すと、打球は三塁線を抜ける同点適時打に。なおも1死満塁の場面で荻野貴司選手が押し出しの死球を受け、サヨナラ。劇的な幕切れで千葉ロッテが6対5で勝利を飾った。

 勝利した千葉ロッテは、先発の二木投手が5.2回3安打1四球4失点で降板。後を受けたリリーフ陣も踏ん張れなかったが、打線が3本塁打含む7安打6得点を挙げ、見事なサヨナラ勝利を飾った。敗れたオリックスは、先発したアルバース投手が6回5安打3本塁打2四死球4失点の内容。打線はクリーンナップで5得点を挙げるなどつながりを見せたが、最終回にディクソン投手が崩れた。

  123456789

  計 オ 000013010

  5 ロ 300001002X 6 オ アルバース-山田修義-海田智行-●ディクソン ロ 二木康太-東條大樹-ハーマン-ジャクソン-○田中靖洋 文・東海林諒平