<西武11-3ソフトバンク>◇23日◇メットライフドーム

大敗の中、売り出し中のソフトバンク栗原陵矢捕手が「攻守」に気を吐いた。

2番一塁で先発出場。3回1死一、二塁で高橋光の144キロのフォークを右中間に運ぶ2点適時二塁打を放った。「センターに打ちにいく気持ちでうまく打つことができました」。打力を買われ、開幕戦からスタメンに名を連ねる。これで4戦連続安打を記録。打点も開幕戦のサヨナラ打と合わせ、チームトップの3となった。

開幕から一塁で先発出場を続けたが、この日は本業の捕手としての出番も回ってきた。ベンチに下がった甲斐に代わって、6回裏から今季初マスクをかぶった。松本、尾形、川原をリードしたが、3イニングで4失点。プロ初登板の尾形が7回に3失点すると、ベンチで森山投手コーチらと真剣な表情で話し込んだ。プロ6年目でつかんだ飛躍のチャンス。チームは3連敗となったが、攻守で上昇への起爆剤となるつもりだ。