<ヤクルト1-4阪神>◇23日◇神宮

ヤクルトは2試合連続で打線が4安打と沈黙した。9回2死から青木、村上の連打で1点返し、2戦連続の0封負けを防いだが課題が残った。

2回以降は投手陣が踏ん張っただけに、高津監督は「早い回に1点でも取っておけば違った展開になったのかな。個々が状態を上げるしかないと思う」。打線の組み替えは考えていないとし、4回まで四球1つしか出塁できなかった打線の奮起を促した。