◆JERAセ・リーグ公式戦 ヤクルト―阪神(23日・神宮)

 阪神の新外国人、ジャスティン・ボーア内野手(32)が、8回の第4打席で左腕・寺島に左飛に打ち取られ、デビューから16打席ノーヒット。球団の新外国人野手では、83年のランディ・バースの15打席無安打を37年ぶりに更新するワースト記録となった。

 ボーアは初回2死の第1打席は左飛、4回先頭の第2打席は一ゴロ。6回無死一、二塁の第3打席は左腕・中沢の前に空振り三振。これで対左投手は実戦25打席ノーヒットとなった。8回の守備からベンチに退いた。

 スタメン出場の選手では、投手の青柳を含めて唯一快音なし。メジャー通算92発の大砲の復調が待たれる。