◆西武―ソフトバンク(23日・メットライフドーム)

 ソフトバンクの栗原陵矢捕手(23)が反撃への口火を切る一打を放った。

 スパンジェンバーグのグランドスラムで4点を先制された直後の3回。1死一、二塁で西武の先発・高橋光のフォークを捉え、右中間を破る2点二塁打。「センターに打ちにいく気持ちで、うまく打つことができました」

 19日のロッテとの開幕戦(ペイペイD)の延長10回にサヨナラ打を打った若タカは、開幕から4試合連続安打と好調をキープしている。