◆オリックス―ロッテ(23日・ZOZOマリン)

 オリックスのK―鈴木投手(26)がZOZOマリンでロッテ戦の試合前練習に参加。24日の同カード2戦目での今季初先発に向けて、意気込みを明かした。

 プロ3年目で、初めての開幕ローテ入りをつかんだ右腕。2020年の初マウンドに「勝つということが一番大事。そこに貢献できるピッチングをしたいです。1人1人に対して全力投球していきたい」と力強く宣言した。

 昨季は19試合の登板で4勝6敗、防御率4・31だったが、ロッテ戦には先発4試合で2勝0敗と結果を残した。好相性の相手で迎える初登板に「後先を考えずに、とにかく1人1人を全力で。それで結果的に7、8回までいけたなら十分かなと思っています」と意欲を示した。