「イースタン、巨人2-5ヤクルト」(23日、ジャイアンツ球場)

 巨人は先発した2年目の横川が5回6安打5失点と乱調。ホーム開幕戦を白星で飾れず、開幕連敗スタート。阿部2軍監督の公式戦初勝利はまたもお預けとなった。

 制球とスタミナに課題を残した。先発・横川は三回に西田の適時打で先制を許すと、五回には3番・渡辺に2点適時打。続く4番・西田に左超えの2ランを浴びこの回4失点。先発の役割を全うできず、後半につれて球威を失ったところ痛打された。「調子が悪い中、なんとかゲームを作ることを考えて投げましたが最後にやられてしまいとても悔しいです」。疲労がたまった表情でベンチに腰を落とした。阿部2軍監督は「キャッチャー的に言ったら配球ができない」と3四球を与えた制球面に苦言を呈した。

 打線は加藤脩、若林が2安打ずつを放つなど7安打。しかし指揮官が「取れるときに取れなかった」と語ったように、先発・高橋らヤクルト投手陣を完璧に打ち崩すことはできなかった。

 それでも背番号80は前を向いた。「日々反省を重ねてこれから先もやっていければいいかなと思います」。勝負と育成の狭間で、新米監督の奮闘は続いていく。