<ウエスタン・リーグ:阪神0-2オリックス>◇23日◇甲子園

阪神ドラフト2位の井上広大外野手(18)が本拠地甲子園で公式戦4番デビューを果たし、いきなり初ヒットを記録した。リーグは19日から開幕し、チームこの日が初戦。井上は「4番右翼」で先発出場した。

3打席凡退で迎えた9回2死無走者の第4打席。オリックス4番手鈴木優の139キロ直球を捉え、左中間フェンスに直撃の二塁打。あと少しでフェンスオーバーという当たりに、有観客オペレーション練習として観戦した約300人のファンからは大きな拍手が巻き起こった。

和製スラッガー候補として入団した大型新人は、練習試合から大器の片りんを見せつけていた。開幕までの実戦で6本塁打を放ち、堂々の4番としてシーズン開幕を迎えた。甲子園での公式戦出場は、履正社で全国制覇を果たした19年夏の選手権大会以来だった。