元西武、巨人、オリックスの清原和博氏が22日、CS放送フジテレビONEの「プロ野球ニュース2020」に生出演した。覚せい剤取締法違反で有罪判決を受けた際の執行猶予4年が満了してから初のテレビ番組出演となった。

 PL学園高の後輩、片岡篤史氏、野村弘樹氏に挟まれる形で、緊張した面持ちで番組冒頭から出演。テレビ出演している喜びや、プロ野球の開幕、自身の今後について語った。

 清原氏の執行猶予期間は今月15日に満了した。著書「薬物依存症」を刊行し、文藝春秋を通じコメントを発表した。「薬物との戦いに終わりはありませんが、私はこれからの人生を薬物依存症で苦しむ人たちと、野球界、とくに私自身の原点でもあります高校野球に捧げたいと考えております」など、この時点での思いをつづっていた。