フリースタイルフットボールの世界チャンピオン、徳田耕太郎(Tokura)が6月22日、自身の公式YouTubeチャンネル「Tokura Freestyle」をリニューアルし、本格始動させた。

 この日投稿された動画は2本。1つは徳田が「今回、YouTube チャンネルを本格始動することになりました。今までは、自分で撮影した動画をSNS中心に投稿してきましたが、本格始動にあたって、自分のパフォーマンス映像だけでなく、技のチュートリアル動画なども配信していく予定ですので、是非、挑戦・習得していただけたら嬉しいです」と呼びかけた。

 もう1つは、「フリースタイルの基本技をマスター!アラウンド・ザ・ワールド~内回し篇~」として3ステップで「アラウンド・ザ・ワールド」実践までをレクチャーした。

 動画では、「ボールを蹴りながら足をあげる」と最初のステップを解説。足を戻さずに、しっかりと上げきることが重要で、ボールを確実に真上に上げられるように心がけると実演。

 さらに次のステップでは、「足をぐるっと一周させ、その後にボールを蹴る」を披露。この際、ボールはワンバウンドさせて良いので、しっかり片足で立って蹴るのがポイントとなる。

 最後のステップは、「回して蹴るところまでチャレンジ」と最難関突破のコツを伝授。ヒザを曲げて三角形を描くように足を回すヒザの使い方がポイントとなる。

 動画の最後には応用編として、徳田の超絶テクニックも披露した。

 徳田は13歳でフリースタイルフットボールを始め、史上最年少となる17歳で全日本大会を制覇。12年にはイタリアで開催された世界大会で日本人初の優勝に輝き、大きな話題を呼んだ。現在も日本国内を中心に全国各地でパフォーマンス活動や、レクチャー、クリニックなどを開催し、フリースタイル・フットボール界の第一人者として活躍している。

 コロナ禍では、世界のフットボーラーたちがリフティングなどのテクニックを披露し、ファンもチャレンジ企画としてそのテクニックを投稿する動きも見られた。本格始動した徳田のYouTubeチャンネルでは気になるテクニックや技の解説なども随時リクエスト受付中。さらに、今後はオンラインでのレッスンなども予定しているという。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部