昨シーズンにチャンピオンズ・リーグを制し、今年12月には世界の頂点にも立ったリバプール。迎えた今シーズンは、2位のマンチェスター・シティに23ポイント差をつけ、プレミアリーグを独走している。

 かつてのような黄金期を迎えているリバプールだが、以前にユルゲン・クロップ監督は、「一人の名将が長期政権を築いたライバルクラブのようにはなれない」と話したことがある。彼の言う「ライバルクラブ」とは、サー・アレックス・ファーガソン監督が率いたマンチェスター・ユナイテッドのことだ。

 だが、その当時のユナイテッドでプレーした経験を持つ元イングランド代表FWのウェイン・ルーニーは、クロップの手腕に太鼓判を押した。

 アメリカのスポーツチャンネル『ESPN』によると、ルーニーは英紙『The Times』のコラムで、「クロップは以前のユナイテッドみたいに支配するのはどのクラブにも不可能と言うが、彼は間違えている。リバプールの道はシンプルなひとつ。クロップに進めさせていくことだ」と主張している。

「リバプールの選手たちは毎試合で自分たちが勝てると信じてピッチに向かう。失点してもそう信じている。それは、僕らがユナイテッドで持っていたのと同じ心構えだ。僕らにはサー・アレックス・ファーガソンがいて、彼らにはクロップがいる」

 エバートンとユナイテッドでプレーしたルーニーにとって、リバプールはいわば永遠のライバルだ。だが、クロップには大きな魅力を感じているようで、元イングランド代表FWは「彼に指導されてみたかった」と話している。

「16年前に僕がオールド・トラフォードに向かったのは、ユナイテッドでプレーするためだけじゃなかった。ファーガソンの下でやりたかったからだ。僕にとっては、クロップも同じだ。彼の下でプレーしてみたい。ただ、リバプール以外のところでね(笑)」

 当面の間はリバプールで指揮を執るとみられるクロップだけに、そのルーニーが彼の下でプレーする機会はないかもしれない。一方で、ルーニーが信じるように、クロップがリバプールで「ファーガソンのユナイテッド」のようになれるかは注目したいところだ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部