プロ野球の斉藤惇コミッショナーは22日、現在は無観客で行っている公式戦について、7月10日からは観客を入れる方針を明らかにした。日本野球機構(NPB)とJリーグが合同で設置した対策連絡会議後の記者会見で述べた。政府の指針では、7月10日から認められる観客数の上限は5千人。ただ、感染状況に地域差があることなどから、観客数はそれぞれの球団が各自治体と調整して決める見込みだ。

 プロ野球は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、当初予定より約3カ月遅れとなる今月19日に開幕した。27日から再開するJリーグも7月10日から観客を入れる指針を示している。