プロ野球は22日、Jリーグと合同の「新型コロナウイルス対策連絡会議(第10回)」をオンラインで行い、専門家を交え、観客を入れての試合開催に向けて協議した。プロ野球の斉藤コミッショナーは6月19日の公式戦開幕に際して改めて感謝を述べた上で、「7月10日からお客さんを入れて開催させていただきたいと思っている」と話した。

 プロ野球は観客を入れるタイミングについて政府の方針に従う方針を示しており、政府の基本的対処方針では7月10日から上限5000人で観客の入場ができる。感染状況次第で、8月1日以降は収容人数の50%までの入場が可能になる。

 専門家チーム・賀来満夫座長(東北医科薬科大特任教授)「新たな応援スタイルを確立した上で、7月10日から観客を入れて頂く。社会の動きとも連動する形で、観客の方に入って頂く。まだ感染がゼロにはなっていないので、引き続き感染対策を十分に行った上で、前向きに考えて議論しています」