「巨人7-1阪神」(21日、東京ドーム)

 最後までファイティングポーズは崩さない。結果的に大敗を喫した一戦。3番に入った阪神・糸井が2戦連続安打、猛打賞と奮闘した。貧打に苦しむ打線の中で光る存在感。火曜日からの反撃を誓う3安打だ。

 四回に左前打で出塁すると、六回だ。この時点で6点差。1死一塁で打席に立つと、つなぐ意識で右前に運んだ。八回には左腕・中川から左前打。投手の右、左で大きく編成が変わるチームの中で、欠かせぬ活躍が続く。

 「安打が出ているのはいいことですが、チームの勝ちにつながっていない」。試合後の表情はさえない。それでもまだ3試合を消化したばかりだ。「球場もチームも変わる。気持ちを切り替えて戦っていく」。まずは1勝。1番でも、3番でも勝利を導く一打を狙う。