神戸は21日、神戸市内での非公開練習に京都市東山区の建仁寺塔頭(たっちゅう)の両足院から伊藤東凌副住職を招き、座禅体験を行った。

 2月末、両足院を訪れたフィンク監督(52)が座禅に感銘を受けたことがきっかけ。「座禅はチームの調和やハーモニーを奏でるために良く、選手が自分自身を見つめることによりチームが一つにまとまるいい機会になる」と考え、実現に至ったという。

 選手たちは座禅の他に、体重移動を意識した歩行も体験。座禅は初めてだったという元スペイン代表MFイニエスタは「慣れていないのであぐらを組むのは少し難しかったですが、とても楽しくできました。一度奥さんと一緒に体験しに行きたいです」とコメント。指揮官は「日本の文化になじむのは大事なこと。精神を整えて、一致団結してシーズンに挑むためにもこの体験は大きな意味がある」と効果に期待した。