J1名古屋は21日、元ブラジル代表FWジョー(33)との契約を解除したと発表した。2014年W杯に出場したジョーは、名古屋に入団した18年に33試合で24得点を挙げてJ1得点王に輝いた。昨年はけがもあり、32試合で6点だった。1月に今季の契約を更新した後、春季キャンプはけがで不参加。2月の開幕戦も欠場し、移籍を模索していた。

 17日は母国の強豪クラブ、コリンチャンスがジョーの復帰を発表した。以前から放出を考えていた名古屋は解除によって発生する金銭の扱いなどで選手側と見解の相違があり、国際サッカー連盟(FIFA)の紛争解決室に委ねている。