◆JERAセ・リ-グ 巨人7―1阪神(21日・東京ドーム)

 巨人が3年ぶりの開幕3連勝とロケットスタートを切った。4回、23歳の“若大将”岡本が右中間に今季1号の逆転2ラン。さらに、代打に抜てきされた24歳の北村がプロ初安打のタイムリー。この回5点を奪い、12球団で唯一の3連勝を決めた。

 喜びのガッツポーズは、安堵(あんど)の笑みに変わった。北村は「追い込まれた状況でしたが、なんとか芯に当てようと思っていました。本当にうれしかったし、ホッとした気持ちです」とかみしめた。2点リードの4回2死二、三塁。湯浅の代打に起用された。2球見逃しで追い込まれたが、3球目、ガルシアの低めチェンジアップに膝を曲げながら食らいついた。打球が三遊間を抜け、「H」ランプが光る。今季の初打席、通算9打席(7打数)目でプロ初安打が生まれ、同時に初打点もマークした。

 ベンチの思惑に見事に応えた。1番・スタメンに抜てきされた湯浅が、ガルシアに2打席連続三振。原監督は「ちょっとタイミング的に合っていないということで、湯浅よりお兄ちゃんの北村をね」と、4回という早いタイミングでも勝負をかけた。貴重な追加点をたたき出した24歳の新星に「成長株の一人。結果が伴ったという点ではよかった」と拍手した。北村も「チャンスになる前からバットを振ったり準備していて、左投手のままなら僕だったので、そのまま気持ちを入れたまま打席に行けた」と胸を張った。

 オフは2年連続で坂本と合同自主トレした。球界トップレベルの技術を目の当たりにし、想像をはるかに上回る練習量を体感したが、それと同じくらい衝撃を受けたのが、オンとオフの切り替え術だった。「例えば前の日に遅くまで飲んでも、次の日はいつも通りめっちゃ早く起きて練習していた。どんなに疲れていても、練習で抜いてるのを見たことがないです」。適度に息抜きはしつつ、やるべきことには一切の妥協がなかった。超一流になるためのヒントが満載だった。

 そんな最高の師匠のもとで学び、昨季はイースタン・リーグで最高出塁率(4割1分4厘)のタイトルを獲得した。今年のキャンプ前には、指揮官から正一塁手の候補として名前を挙げられた。着実にステップアップしているプロ3年目。「きょうはたまたま父の日。野球を始めるきっかけを作ってくれたのが父親なので、いいプレゼントになったと思います」。父の日にあらかじめ日本酒を贈っていたというが、初安打の記念ボールも、追加で届けられることになった。(尾形 圭亮)

 ◆北村 拓己(きたむら・たくみ)1995年8月29日、金沢市生まれ。24歳。十一屋(じゅういちや)ファイターズで軟式野球を始め、星稜中から星稜高に進み、1年春から三塁手でレギュラーとして活躍し、3年夏に甲子園出場。亜大ではベストナイン2度。3年時に大学日本代表。17年ドラフト4位で巨人入り。181センチ、85キロ。右投右打