「オリックス4-0楽天」(21日、京セラドーム大阪)

 完敗を喫した中、新人右腕が“マッチョ対決”を制して存在感を示した。4点ビハインドの五回から楽天のドラフト3位・津留崎(慶大)がプロ初登板。いきなり吉田正との対戦となったが、最後は見逃しの三振に切った。

 「緊張で雰囲気を感じる間もなく終わってしまった」と津留崎。それでも得意の“マッスルカーブ”で追い込み、最後は外角いっぱいにカットボール。侍ジャパン常連の吉田正にバットを出させず「自信になりました」と笑みがこぼれた。

 続くジョーンズも二ゴロに仕留め、2四球は許したが1回を無失点。この後は6連戦が続く中、伊藤投手チーフコーチも「津留崎が使えれば大きい」と話した。「筋肉は裏切らない」が信条の男が、敗戦での光明となるプロの第一歩を記した。