「巨人7-1阪神」(21日、東京ドーム)

 巨人が3年ぶりの開幕3連勝。対阪神との開幕3連勝は球団史上初となった。

 この試合でも、流れを見極める原監督の好采配が際だった。攻撃では四回、3-1と逆転して迎えた2死二、三塁の場面。初スタメンに抜てきも2三振の1番・湯浅をスパッと代え、代打・北村を起用した。これが的中。プロ初安打初打点となる左前適時打でつなぎ、一挙5点を入れた。

 指揮官は「湯浅も今日、思い切って使ったんですが、ちょっとタイミング的に合っていないということでね、湯浅よりお兄ちゃんの北村をね。(湯浅のスタメン起用で)ファイティングスピリットに火をつけたというかね、非常にいい形でタイムリーが出たので良かったと思います」と、説明。アピールに燃える北村の心理面も考えた起用が見事に的中した。

 守りでは6点リードの六回、2死満塁のピンチ。打席にボーアを迎えたところで、新外国人サンチェスから高木に迷わずスイッチした。前日も同じ状況で抑えた左腕は、この日も外角中心の配球で二ゴロに抑え、ピンチを防いだ。

 サンチェスは練習試合では結果が出ていなかったが、ベンチワークの後押しも受けて来日初勝利。指揮官は「いいスタートを切ってくれた」とうなずいた。