「DeNA2-1広島」(21日、横浜スタジアム)

 広島が開幕3連勝をサヨナラ負けで逃した。1-0で迎えた九回。新守護神のスコットが3連打を浴び無死満塁のピンチを招くと、最後は宮崎に劇的勝利を許す右中間へのサヨナラ2点適時二塁打を浴びた。

 プロ初登板初先発したドラフト1位・森下(明大)が7回4安打8奪三振無失点と好投。八回は菊池保がスコアボードに「0」を刻んでいた。守護神が打ち込まれ喫した敗戦。佐々岡監督は「継投は僕が決めること。最善は尽くしたんだけど。(スコットは)1点差という難しい試合だった。こういう試合が続く。これからもしっかりと、スコットにやってもらわないといけない」と話した。

 開幕3連勝はならなかったものの、チームは2勝1敗と勝ち越して開幕カードを終えた。22日の休日を挟み、23日からは東京ドームに乗り込んで3連勝した巨人と対戦する。