「巨人7-1阪神」(21日、東京ドーム)

 巨人が3年ぶりの開幕3連勝。対阪神との開幕3連勝は球団史上初となった。

 好調の打線がまたもつながった。反撃は1点を追う四回。岡本の1号2ラン、パーラの適時打、代打北村のプロ初安打初打点となる適時打などで一挙5点を挙げ、阪神ガルシアをKO。五回はパーラが2戦連発となる2号2ランを放った。

 投手陣は新外国人のサンチェスが六回途中1失点で来日初勝利。六回2死満塁では高木がボーアを二ゴロに仕留め、ピンチをしのいだ。沢村、中川、宮国とつないだ。

 阪神の開幕3連敗は20年ぶり。打順を大幅に変更し、近本が先頭弾。だが、その後は沈黙した。