「ソフトバンク-ロッテ」(21日、ペイペイドーム)

 ロッテ・井上晴哉内野手が先制の1号満塁弾を放った。二回、無死満塁、ソフトバンクのドラフト3位・津森(東北福祉大)の8球目、148キロをフルスイング。バックスクリーンに運ぶ特大の一発だった。

 井上は力強く右拳を握ってガッツポーズ。ナインとエアタッチもした。

 ソフトバンクは直前に先発・二保が中村奨に頭部死球を与え、危険球で退場。急きょ登板した津森はプロ初登板だった。