カージナルスなどで活躍したマーク・マグワイア氏の息子、マックス・マグワイア選手(17)が打撃練習をする様子がツイッターで公開され、素質の高さが話題になっている。米NBCスポーツ・ベイエリアが20日に報じた。

同選手は現在アラスカ州フーバーで、9月からハイスクール最上級生となる選手を対象に毎年開催されているイベントに参加中。

同選手は一塁手兼右投手として、「フットワークが俊敏で肩も強く、三塁や右翼、左翼も守れる」と高い評価を受けている。

身長約188センチ、体重約84キロで、打撃においては「バットの振り出しが早く、短い距離ですばやくボールをとらえることができる」と、コンパクトなスイングは親譲りとの評判。

同選手はハイスクール卒業後、オクラホマ大学への進学を予定しているという。