サッカーのJリーグ再開を前に、J3に降格して1年でのJ2復帰を目指すFC岐阜が20日、名古屋グランパス(J1)を長良川競技場に迎えて練習試合をした。無観客の「リモートマッチ」で行われ、両クラブが「地元県民に楽しんでほしい」と動画サイト「ユーチューブ」などでライブ配信をした。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響でJ3は3月はじめの開幕を延期していた。J1は2月の第1節を終えた後に中断。やっと迎える開幕、再開に向けて、45分の練習試合を3回行い、実戦で仕上がり具合などを確かめた。岐阜のゼムノビッチ監督は「J1が相手で決定的なチャンスは少なかったが、練習でやってきたことをお互いに理解してよくなってきている。選手は全体的によかった」と話した。

 岐阜は27日、地元の長良川競技場で今治と対戦。今月にFW金崎選手、GKランゲラック選手の主力が相次いで新型コロナウイルスの検査で陽性となった名古屋は、7月4日にアウェーで清水と対戦する。(松本行弘)