「DeNA5-10広島」(20日、横浜スタジアム)

 広島の堂林翔太内野手が、逆転勝利に貢献する4安打と大暴れした。

 2-3の七回1死二塁では、遊撃への打球に全力疾走し、内野安打を獲得。代打・長野の左中間を破る2点適時二塁打で、勝ち越しとなる本塁を奪った。

 6年ぶりに開幕スタメンを勝ち取りながら、前日19日は無安打。連日のスタメン起用に「きのう打てていなかったので何とかチームに貢献したかった」と燃えるものがあった。

 21日は開幕3連勝をかけて臨む一戦。ドラフト1位・森下(明大)がプロ先発する日でもある。「今日は今日。切り替えて、またあしたに臨みたい」と前を見据えた。