(20日、巨人11―1阪神)

 巨人のパーラが来日1号3ランを放った。

 七回、先頭で右前安打。この1打から打線がつながり、5点を奪ってなお2死一、二塁で再び打席へ。外角高めの137キロを豪快に引っ張って、右翼席に運んだ。

 パーラと言えば、大リーグ・ナショナルズ時代の昨季、両手を上下させてサメの口を模した「サメダンス」で話題になった。

 外電によると、20打席以上安打が出ていなかったパーラが、「何か変えよう」と打席に入るときの登場曲を娘が大好きな「ベイビー・シャーク」という曲にしたところ、久々の安打が出たのがきっかけとなったという。

 開幕2戦目で飛び出した会心の一発に、助っ人が代名詞のダンスをしながらベンチに向かうと、原監督やチームメートらも笑顔でサメダンスで応じて祝った。

 試合後、初めてヒーローインタビューに呼ばれたパーラは「やっとシャークダンスを思い切り踊れてよかった。チームメートのみんなが踊ってくれていて、僕以上に喜んでくれたのかなと思う」と笑った。