「イースタン開幕戦、ヤクルト-西武」(20日、戸田球場)

 ヤクルトのドラフト1位・奥川恭伸投手(19)=星稜=が20日、快晴の下で華々しくデビュー戦を飾った。いきなりの自己最速タイとなる154キロを初球から計測。1日早い「父の日」のお祝いへ。「ひとまずきょう登板できたので、しっかりと報告したい」と2奪三振の内容に笑顔がはじけた。

 2軍西武打線を相手に、初めてのゲームマウンドで手玉に取った。いきなり154キロの速球で空振りストライクを奪うと、その後は遊飛に。初めてのアウトを奪うと、笑顔があふれた。さらに続く綱島には内角を鋭くえぐる直球で見逃し三振。最後は高木も149キロの直球で空振り三振に打ち取り、初舞台を1回無安打無失点、2奪三振の内容でまとめた。

 待ちに待ったデビュー戦は、イースタンの開幕戦のまっさらなマウンドだった。テーマは「これまで取り組んだことをマウンドで出す」こと。内容重視の14球の中で、圧巻の結果も伴った。1軍戦は速報などでチェックしているといい、揺るぎない目標へまた一歩前進。「今日はよかったんですけど、これをしっかり継続していけるように。調整じゃなく、強化ということをテーマにおいてやっていきたいです」と頼もしい言葉で一日を締めくくった。