中前適時打を放ち二塁へ進んだレアードの代走として出場

 ロッテの鳥谷敬内野手が新天地のロッテで公式戦初出場を果たした。開幕1軍入りを果たしたベテランは20日のソフトバンク戦、8回にレアードの代走として今季初出場した。

 同点で迎えた8回、ロッテは先頭の藤岡が四球で出塁。荻野の犠打、角中の一ゴロ、安田の四球で2死一、三塁とし、ソフトバンク松本の暴投で勝ち越しに成功。レアードが中前適時打を放って、この回2点目を奪った。

 なおも2死二塁で井口監督はレアードの代走として鳥谷を起用。開幕1軍入りした鳥谷だが、19日の開幕戦は出場なし。これがロッテでの初出場となり、8回の守備からはそのまま三塁に入った。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)