<巨人11-1阪神>◇20日◇東京ドーム

阪神先発岩貞祐太投手(28)は先手を許す今季初登板になった。

1回、坂本に左中間フェンス直撃の三塁打を許し、丸の二ゴロの間に先制点を許した。細かい制球を欠いたのは、同点に追いついた直後の4回だ。1死三塁で岡本に内角低めスライダーをさばかれ、左翼線に適時二塁打を浴びた。さらに2四球で満塁のピンチを背負い、炭谷に押し出し四球で失点を重ねた。この日は6回3失点。

「最少失点でなんとか粘りたかったですが、勝ち越された場面は四球絡みの失点だったので、もったいなかったです。自分自身で球自体は良かったと感じていただけに、勝負どころで粘ることができず悔しいです」と振り返った。