<西武1-2日本ハム>◇20日◇メットライフドーム

日本ハム先発の加藤貴之投手(28)が4回1失点でマウンドを降りた。

2回先頭の外崎に左翼スタンドへのソロアーチを浴び先制こそ許したが、その後は要所を締める投球。

3回2死一、二塁では中村を空振り三振、4回2死一、二塁では源田を一ゴロに打ち取り、ともに無失点で切り抜けた。

降板後は「3者凡退で終えるイニングがなく、うまくリズムを作れませんでした。今日のような投球をすると、こういう結果になってしまうと思います。野手に助けられた結果になってしまったので、次回登板に向けて、もっと長いイニングを投げられるように調整したいです。ブルペン陣には負担をかけますが、ベンチでしっかり応援したいと思います」とコメントした。