「イースタン・リーグ、日本ハム-巨人」(20日、鎌ケ谷スタジアム)

 「2番・遊撃」でスタメン出場の巨人・若林が反撃の口火を切る一発を放った。

 四回、先頭で打席に立った若林はカウント3-1からから先発・上沢のボールを強振。打球は高々と上がり、そのまま右翼フェンスを越えた。「打ったのはカットボールです。有利カウントだったので内甘に目付けしてカット系を狙っていました。切れなくてよかったです。引き続きがんばります」とコメントし、1軍昇格へのアピールを続ける。