冬季五輪の花とも言えるフィギュアスケート。第1回(1924年)シャモニー・モンブラン大会(フランス)の男子シングルはギリス・グラフストローム(スウェーデン)が「連覇」を達成した―。というと、間違いにも感じそうだが、実は20年アントワープ夏季五輪でアイスホッケーと共に開催。この2競技が夏冬で行われた競技となっている。アイスホッケーもカナダが20年大会から32年レークプラシッド大会(米国)まで4連覇を達成している。

 フィギュアスケートは1908年ロンドン大会でも行われ、男子シングルの初代王者は現在でもジャンプの名称として残っているウルリッヒ・サルコー(スウェーデン)だ。なお、同大会は陸上などの主要競技より3か月遅い10月下旬に開催。20年アントワープ大会では開会式より4か月も早い4月下旬に行われた。