今夏の「長崎県高校野球大会」(長崎県高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)の組み合わせ抽選会が19日、長崎県大村市の市コミュニティセンターであり、連合2チームを含む56校54チームの対戦相手が決まった。7月10日に開幕し、順調に進めば決勝は8月2日の予定だ。

 県高校野球大会は、今夏の全国高校野球選手権長崎大会が新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になったのを受けて県高野連が催す独自の大会だ。

 近年の長崎大会の組み合わせ抽選では各チームの主将がくじを引いていたが、今回はコロナ対策のため選手は出席せず、各校の指導者による代理抽選となった。マスク姿の指導者らのくじ引きは、歓声が上がることもなく静かに進んだ。