橋本聖子五輪相は19日、閣議後の定例会見で、県をまたぐ移動の解禁やプロ野球の開幕を受け「スポーツの持つ力が、コロナ対策で苦労されている方の1つの心のよりどころにしたい」と思いを語った。徐々にスポーツ活動が再開する中「選手が目標に向かって、今までの努力を発揮する場所を作り、環境を整えていくことが大事」と呼びかけ。東京五輪については改めて「世界がコロナ感染症に打ち勝った証としての大会にしたい」とした。