「DeNA1-5広島」(19日、横浜スタジアム)

 完敗にDeNA・ラミレス監督は白旗をあげた。大瀬良に完投勝利を許し、「いろんなことに良すぎた。アンビリーバボーと言わざるを得ない」と潔く負けを認めた。

 打線はベンチの指示で初球から積極的にスイングした。「いい球は逃さず振っていこうという戦略で」と説明。大瀬良の完璧に近い制球力の前にわずか1得点に封じられた。

 3番に座る予定だったオースティンは右肘上部の張りでスタメンを外れたが、八回、1死三塁から代打で登場。相手の好守に阻まれたが、三塁への痛烈なゴロを放った。「今日、代打で出てきてすごくいいスイングだった。明日、様子を見て状態がよければラインアップに名を連ねる」と指揮官。「3番・右翼」で出撃し、この日のリベンジを果たしたいところだ。

 九回2死から四球や安打で意地は見せた。ラミレス監督は「あの粘りが明日へつながる」と前を向いた。自宅から声援をくれるファンのため、全力で勝ちを目指していく。