「巨人3-2阪神」(19日、東京ドーム)

 一塁ベンチの巨人・菅野は乾いた打球音に反応し、右翼席へ一直線に伸びる白球の行方を見つめた。7回6安打2失点で先発の仕事を終えた直後の七回1死二塁、吉川尚が右翼へ起死回生の逆転2ラン。頼れる後輩の一撃で舞い込んできた白星をかみしめ、感慨に浸った。

 3年連続6度目の開幕投手。前日から「正直こんなにプレッシャーを感じたのは初めてだった」と心は揺れ動いた。それでも「感謝の気持ちと1年間このマウンドを守り抜くぞという気持ちを込めて」と自身を奮い立たせ、務めた大役。エースの責務を果たした。

 かつて自主トレを共にした西勇に三回は先制ソロを浴び、五回は2点目となる適時二塁打も献上。自身が右前打で出塁した五回は二塁ベース上のクロスプレーで左すねを強打したが、続投した。「チームが勝てればいいと」。無四球8奪三振の力投。応えたのは吉川尚だった。

 「チャンスで1点ビハインドで負けていたので、とにかく外野の頭を抜けてくれという気持ちで走って、スタンドに入ったのでガッツポーズが出ました」

 菅野は開幕戦通算4勝目。これは別所毅彦と斎藤雅樹に並ぶ球団タイ記録だ。腕から始動する新フォームで直球の威力は増し、宝刀スライダーのキレも向上。球団通算6000勝のメモリアルで喜びは倍増し、試合後は笑顔の花が咲いた。

 「なかなか開幕できない中で普段にない喜びもありました」。プロ野球選手の使命を胸に臨むシーズン。菅野が力強く走り出した。