「DeNA1-5広島」(19日、横浜スタジアム)

 広島の西川龍馬内野手(25)が五回に今永から貴重な勝ち越し打となる適時二塁打を放ち、今季初安打&初打点をマークした。

 2死一、二塁で3ボールから外角の直球を見逃して迎えた5球目。真ん中高めに浮いた136キロのカットボールに若干泳がされながらもヘッドをしっかりと残して引っ張った。打球はジャンプした一塁・ロペスの頭上を越えた。「得点圏で一本出てよかった」とほほを緩めた。

 昨季、打率・412(17-7)と好相性の左腕を攻略した。「いいイメージはなかったが、数字はいい。早めに降ろせてよかった。自信を持って勝つことに徹した」と胸を張った。

 17日には大阪府出身の一般女性(25)と結婚することを発表。最愛のパートナーとともに歩む新シーズンは幸先のいい船出となった。「いい形で勝てた。開幕ダッシュができたらなおいい」と締めくくった。