<ソフトバンク2-1ロッテ>◇19日◇ペイペイドーム

ロッテ中村奨吾内野手(28)が、9回2死から同点適時打を放った。和田のプロ初盗塁の後、マーティンが四球を選び、2死一、二塁。ムードが高まったところで打席へ。

トレードマークの赤いバットで低めのカットボールを拾うと、見事に中前打となった。

和田が同点のホームを踏んだ。一塁上で大きく2度手をたたいて喜んだ中村奨は「投手が頑張ってくれている。何とか追いつくことができた」とコメント。延長10回にサヨナラ負けとなったが、最終回の同点劇は、長いシーズンで必ず生きてくる。