「DeNA1-5広島」(19日、横浜スタジアム)

 先発したDeNA・今永が5回7安打2失点で1敗目。打線の援護なく五回に4安打を集中され2点を失った。

 「まず一回りをしっかり抑えることが今日の課題だった」と初回から全力で飛ばした。四回までは順調だったが、五回の投球を反省点に挙げた。「相手の打順も7、8、9だった。テンポアップという意味で抑えられたらと思ったが、投球が淡泊になった」と反省した。

 「今日の投球を教訓にして。負けがついてよかったと思います」と言い切った左腕。雨でマウンドがぬかるむという状況だったが、「大瀬良さんと置かれた状況は一緒。下半身を使い、再現性の高いフォームをしていた。純粋にすごいと思いました」と話した。

 ラミレス監督は「ちょっと球数は多かったですが、期待通りのピッチング。相手が大瀬良でなければ勝てていた」と評価。次回登板でリベンジを期す。