「オリックス1-9楽天」(19日、京セラドーム大阪)

 自身2年ぶり6度目となる開幕投手を務めた則本昂大投手(29)が、我慢の投球でオリックス・山岡との投手戦を制した。

 序盤から安定した投球を展開。1点リードの三回に自らの守備のミスも絡んで1死二、三塁の危機を招くとT-岡田には同点の中犠飛を許す。だが、その後も投球は崩れることなく7回を1安打1失点。八回に味方の援護を受けて白星を手にした。

 「今日は投手戦になるんじゃないかと思っていた。我慢比べだと思っていたので、何とか我慢できてよかった」と則本昂。試合後は初陣を勝利で飾った三木監督にウイニングボールを手渡し、チームメートともに笑顔を見せていた。