「ヤクルト-中日」(19日、神宮球場)

 ヤクルトの開幕投手・石川雅規投手(40)の今季“初白星”が幻となった。大雨という悪コンディションの中でも粘投を見せ、5回9安打3失点で降板。勝ち投手の権利を持って、3点リードでマウンドをリリーフ陣に託したが、中日打線に詰め寄られた。

 表情を緩めることなく、大役を全うした。40代での開幕投手は史上5人目。勝てば北別府学氏の持つ開幕戦6勝のセ・リーグ記録に並び、さらに40代開幕投手の白星は2リーグ制以降ではセ・リーグ初の快挙だった。石川は最後のアウトを村上の好プレーで三ゴロに。マウンド上でほえながらガッツポーズを見せ、村上とは気持ちの通ったグラブタッチをしていた。

 「先制されてしまいましたが、野手の方に援護してもらったり、好プレーなどもあり、なんとか投げることが出きました。勝っている状態で後ろにつなぐことが出きました」

 両軍ふた桁安打と乱打戦となった開幕戦。中日打線にジワジワ詰め寄られると、最後は七回の梅野がつかまり3失点。逆転は許さなかったが、同点とされ、石川の勝利は次戦への持ち越しとなった。