「西武3-0日本ハム」(19日、メットライフドーム)

 西武が開幕戦を白星で飾った。

 三回まで日本ハム・有原の前に無安打に抑えられていた西武は、四回、スパンジェンバーグ、源田の連打と森の四球で無死満塁。ここで4番・山川を迎えた。

 主砲のフルスイングした一打は、詰まって三塁前に転がったボテボテのゴロ。だが、強い打球に備えて深く守っていた三塁・野村が猛チャージして捕球したが、どこにも投げられず、先制の適時内野安打となった。さらに外崎の押し出し死球と併殺崩れの間に加点。計3点を奪った。

 先発のニールは6回1安打無失点の好投。平井、ギャレット、増田とつないで逃げ切った。日本ハム・有原は6回4安打3失点だった。