「巨人-阪神」(19日、東京ドーム)

 阪神が追加点の好機を逸した。1点リードの四回、1死から3番マルテが中前打。ボーア空振り三振の後、5番福留が左前へはじき返し、2死一、二塁に好機を拡大した。しかし6番のキャプテン糸原は二ゴロに倒れた。

 その裏、西勇が同点打を浴びた。

 簡単に2死としたが、4番・岡本を四球で出塁させる。続く亀井には右翼線を破る二塁打を打たれピンチが拡大する。

 2死二、三塁から対するは6番・中島。1-1から内角のシュートで詰まらせたが、三遊間の深いところへ打球が飛び内野安打。三塁走者・岡本がホームへ生還し同点となった。

 その後、満塁までピンチを広げたが、小林を遊ゴロで打ち取り、なんとか最少失点で切り抜けた。