1年前、影山雅永監督はポーランドの地で静かにピッチを見つめていた。

 2019年6月4日に行なわれたFIFA U-20ワールドカップのラウンドオブ16。ポーランドの南西に位置するルブリンでU-20日本代表は長年の宿敵・韓国に0−1で敗れた。前半からライバルを圧倒するも肝心のゴールを奪えず、前半を終えてスコアレス。後半開始早々にゴール前のルーズボールを郷家友太(神戸)が押し込んだが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によってオフサイドの判定を下されてしまう。一瞬にして歓喜の輪が解けると、以降は一進一退の攻防が続いた。そして、残り5分を切った最終盤。菅原由勢(AZ)のクリアミスからクロスを入れられると、オ・セフンにゴールを許して勝負が決した。

 届きそうで届かなかったベスト8。影山監督は試合後に悔しさを滲ませた。

「前半と後半ガラッと変わった戦いの中でも、しっかりと対応して最後の最後まで戦ってくれた選手を誇りに思っています。このチームとしては、ここで解散になってしまいますが、彼らの次のステップ、所属チーム、そしてさらなる上のカテゴリーでの活躍につなげてほしい」

 2大会連続のベスト16に終わった戦いから1年。影山監督は再び同年代のチームを率い、新たな挑戦をスタートさせている。

 今回、影山監督が預かるのは2001年生まれ以降の選手たち。目標は来年5月にインドネシアで開催されるFIFA U-20ワールドカップで、チームは2019年2月から本格的に始動した。同年秋にはAFC U-19アジア選手権予選を1位で突破。ベスト4以上に与えられるワールドカップの出場権※を懸け、今秋に行なわれる同大会へ挑む権利を得た(※U-20ワールドカップの開催国・インドネシアがベスト4以上に入った場合のみ、5位まで出場可能)。

 前回の経験もあり、指揮官は今回のチームを構築するビジョンをより明確に描いていた。影山監督は言う。

「現行の大会方式を踏まえ、U-20ワールドカップを目指すこの世代は3年計画で動いていきました。僕自身もこのカテゴリーを任されるのは2回目。前回の大会を経験してチーム作りが正しかったと感じる部分もありましたし、さらにもっと良い成績を収めて選手を活躍させる上でもっと改善できる点もいくつかありました。

 どのカテゴリーでもワールドカップの経験は彼らにとってかけがえのない経験値になります。なので、昨秋のU-17ワールドカップに出場していたメンバーをU-18代表の活動には大会を終えるまで一切呼びませんでした。その中で昨年11月にU-19アジア選手権予選を突破し、今年は選手を融合させながら競争を激化させて本大会に挑むつもりでした。チームを壊すまでは言いませんが、一旦出来上がったチームに新しいメンバーを加えて競争し、最終予選に向かっていくつもりだったんです」


 去年のメンバー編成を見ても、U-17とU-18のカテゴリーを明確に棲み分けていた。実際に初めて下の世代から選手を呼んだのは、各年代のワールドカップを終わったタイミングで行なわれた12月の福島合宿。そこで三つ巴の紅白戦を行なった際もコアメンバー組、U-17ワールドカップ組、それ以外の3つに分け、意図的に彼らの競争心を煽った。

 迎えた2020年。今年2月のスペイン遠征ではU-19世代に組み込む選手を発掘するべくU-18の年代で海外に足を運んだ。そして、迎えた3月。U-19アジア選手権が開催されるウズベキスタンで、本大会を睨んだシミュレーションを行なおうとしていた矢先に大きな問題が発生する。新型コロナウイルスの影響で全ての活動がストップしたのだ。

「U-19代表は昨秋のアジア選手権予選のベトナム遠征以降、一度も海外で活動できていないんです。本当は3月にウズベキスタンで本大会のシミュレーションをするつもりでした。前回のチームも同じ時期に(U-19アジア選手権が行なわれた)インドネシアで開催地の環境を知ってもらったんです。体調不良の選手が出たりもしましたが、『本番でこうなるとマズイぞ』というのを学べたので起こり得る様々な事象を事前に体験できました。でも、今回は全くできません」(影山監督)
 
 3月以降の活動は全て白紙。Jリーグや高校生年代は5月下旬までチームの活動をほぼ行なえておらず、自主トレーニングで汗を流す状態が続いた。しかし、AFCは現時点で今秋のアンダーカテゴリーの大会を実施するとしている。

「10月の最終予選(U-19アジア選手権)はAFC(アジア・サッカー連盟)から予定変更の連絡はありませんし、これからどこまで最終予選を勝ち抜くための準備ができるのか。非常に難しいタスクであるのは間違いありません」

 未曾有の事態に直面し、今後の活動が不透明な状態で挑む秋のU-19アジア選手権。気になるのはライバルたちの動向だ。本大会で出場する国の状況について、影山監督はこう説明する。

「現時点でウズベキスタンは大会開催について問題ないそうなんです。その中で4月下旬の時点で最終予選に出る16チームの状況をチーム総務が出してくれました。一番厳しかったのがイラン。カタールは今になって感染状況が悪くなってきました。日本は4月下旬の段階で状況が悪い方から並べると、下から3番目。今は下から数えて6番目から7番目ぐらいに来ていると思いますが、一方で韓国はKリーグが再開して6月上旬から育成年代のリーグ戦も動き始めました。なので、6月中に代表活動を再開する方針だと聞いています。

他でも代表活動を始めた国があるみたいです。5月中旬にU-19ベトナム代表のフィリップ・トルシエとメッセージのやりとりをしました。彼はベトナムに残っており、『現状でベトナムのスポーツ関係はどうなんだ』と聞くと、『徐々に日常に戻りつつある』『6月中旬ぐらいからU-19代表のキャンプを10日間ぐらいやるよ』と言っていました」

 動き始めているライバルたち。その中で影山監督は今後どのようなプランでチームを強化するのか。後編では今後の強化策に迫る。

《後編に続く》

取材・文●松尾祐希(フリーライター)