今もロマニスタ(ローマの熱狂的なファン)たちの間で、伝説として語り継がれているのが、2000-01シーズンだ。

 名将ファビオ・カペッロが率いるチームは、“王様”フランチェスコ・トッティを筆頭に、ガブリエル・バティストゥータ、カフー、フランチェスコ・モンテッラ、エメルソン、ワルテル・サムエル、そして中田英寿などの名手たちが躍動し、トップを快走。

 そして、中田のゴラッソで2位ユベントスとの天王山(セリエA第29節)を制しは、22勝9分3敗という堂々たる戦績で、18年ぶり3回目のスクデットを掴んだ。

 この圧巻の戴冠劇以降、セリエAの頂点から遠のいているローマ。それだけに伝説として崇める人々は少なくない。

 そんなクラブ史に残るチームを、日本サッカーにもゆかりのある人物が語った。今シーズンから鹿島アントラーズを率いるブラジル人監督のザーゴだ。

 1998年から約4年間に渡ってローマに在籍したザーゴ。スクデットを獲得したこのシーズンは、サムエル、ジョナタン・ゼビナと共に3バックを組んで最後尾からチームを支えた。


 セレソンでも37キャップを記録した名手は、現地時間6月17日にイタリア『La Gazzetta dello Sport』のインタビューで、「私は幸運だった。ローマに行って勝つことだけを夢見ていたからね」と当時を振り返った。

「簡単なことではなかったが、すでに他チームで勝者となっていた人格者たちがあのチームにはいた。勝つためには優れた才能と人格、そしてメンタリティーが重要だが、2001年のチームには全てが揃っていた。バティストゥータやアウダイール、カフー、エメルソン、ナカタがといった選手たちがね」

 さらにザーゴは当時25歳だったトッティについても語っている。

「あのシーズンにトッティは大きく成長した。彼の飛躍がローマに違いを生み出したんだ。他にも重要な選手は沢山いたけどね」

 自身がスクデットを掲げて以来、リーグタイトルから遠のいている古巣の現状に「チームを構築するうえで、勝者となった選手を連れてこないとダメだ」と指摘した51歳のブラジル人指揮官は、将来的なローマへの復帰願望を語っている。

「誰が率いているチームであろうと私はローマが再び勝利することを願っている。あそこは私にとっては第二の故郷とも呼べる場所だ。この19年間、彼らがタイトルを掴むことだけを常に望んできた。だからできるだけ早く勝ってほしいんだ。もしも、今のフォンセカ監督で勝てなければ、いつか私がベンチに戻ることもありえるだろう。あくまで理想だけどね」

 今年から鹿島を指揮する智将が、愛する古巣に戻る日は訪れるのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部