ドイツ3部リーグのカイザースラウテルンが15日、地裁に破産手続きを申請したと発表した。同クラブのヴォイト・マネージング・ディレクターは数年前からの財務圧迫に加え、新型コロナウイルスの影響で2000万ユーロ(約24億万円)以上の債務を抱え「望ましい再建策がなかった」と破産の理由を明かした。同クラブは90-91年、97-98年に1部リーグで優勝した古豪。近年は12-13年から2部、18-19年からは3部と低迷を続けていた。