なでしこジャパンが誇る右サイドバックに、セレブレーションの嵐だ。

 日テレ・東京ヴェルディベレーザのDF清水梨紗が6月15日、24歳の誕生日を迎えた。自身のインスタグラム(@risa_shimizu_2)で「24歳になりました。沢山のお祝いの言葉ありがとうございます。メッセージなど全部見させてもらってます。感謝の気持ちを忘れず、これからより一層頑張って行きます」と想いを綴り、自宅で撮影された愛犬との2ショット写真を投稿。カメラ目線でにっこり微笑みかけた。

 インスタの投稿欄はお祝いの言葉で溢れ返っている。「ストーリー」上には代表の仲間である熊谷紗希や岩渕真奈、ベレーザの盟友・長谷川唯らが登場。同級生や元チームメイトらからの祝福を受けるなか、前INAC神戸レオネッサの韓国女子代表MFイ・ミナが日本語で「おめでとう」と書き込み、清水が韓国語で「コマプスムニダ(ありがとう)」と返すひとコマも。そのほかにも、

「キャプテン1年目から大変な年になっちゃったけど応援してます!」
「かわいいキャプテン」
「まだ24だったんですね」
「優しいお顔ですね」
「リサさんどんどん綺麗になってますね」
「来年のプロ化に向けて頑張って下さい」
「これからもなでしこを引っ張っていってください」

 などなど、さまざまな励ましやエールが数多く届いている。


 なでしこリーグの開幕は7月18日に決まった。チーム名を変更してエンブレムも新調し、リーグ6連覇を狙うベレーザでは、今季から新キャプテンに指名され、ピッチ外でのリーダーシップにも期待がかかる。

 そして90分間を攻守両面に奔走する元気印はもちろん、ベレーザのみならずなでしこジャパンでも欠かせない右サイドの要人だ。充実の一途を辿りながら、1年後に延期となった東京五輪での躍進を見据える。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】なでしこ清水梨紗が公開した24歳誕生日の“可憐ショット”はこちら!